無職の人のキャッシングについて

カードローンは無担保で保証人も不要なローンということで、近年大変人気が高くなっています。
気軽にキャッシングができることから利用者の数を伸ばしています。
カードローンを利用できるのは安定した収入があることが原則となります。
借り入れ後の返済をきちんと行うことが大前提になりますから、審査でもっとも重要視されるのは申込者の返済能力です。
無職ということでまったく収入が見込めなければ、キャッシングの利用は難しいといえます。

ただ年金受給者と専業主婦に関しては例外もあります。
たとえば現在年金を受給しているという方は、年齢条件を満たせばキャッシングが可能なカードローン商品もあります。
年金を安定した収入とみなして融資を行う場合があるのです。
毎月一定額の年金が支給されていれば、無職であっても返済能力ありとみなされるわけです。
年金受給者の方の審査では、このほか家族構成・住宅状況を確認します。
過去の勤務実績・勤続年数や、ローン・定期預金の利用などについても確認が行われることがあります。

また専業主婦も無職という点では同様です。
自身に収入がない専業主婦の場合は、配偶者に一定の収入があればキャッシング可能なこともあります。
無職であっても配偶者の収入が確保されれば返済可能とみなされるのです。
専業主婦が申し込めるのは、総量規制の対象外である銀行系のカードローンに限られます。

ここで気になるのが、学生です。
カードローン学生BESTでカードローンを選ぶポイントが紹介されているように、社会人ではない学生ですが、近年は学費から生活費まですべての費用を自分で賄っている学生が増えているようで、そのような学生はアルバイトをして収入を得ているため返済可能とみなされます。
学生さんは専業主婦同様キャッシング会社は限られてくるのですがカードローンの利用が可能です。